染色体の異数性のための着床前遺伝子診断について

染色体の異数性のための着床前遺伝子診断は、どの技術を利用して、その違いについて、記述された研究をご紹介します。

現在、利用が可能な染色体の異数性を調べるための着床前遺伝子診断、この技術の様々な長所と短所を明らかにする事が調査の目的になっていて、2000年から20164月までの間にグーグルスカラーやScienceDirectPubMedを使って論文を調べたところ、「着床前遺伝子検査」、「着床前遺伝子診断」、「着床前遺伝子スクリーニング」、「染色体の異数性を知るためのPGD」、「PGD」、「PGS」等、、という言い回しをしています。

上記に加えて、参考文献の論文もまた、関連性のある研究として調べており、極力、無作為化比較試験が行われたようですが、会議抄録のデータ及びその他明らかになったデータも利用されたようです。

PGSは、生殖補助医療によって妊娠が成功するための最も価値のある方法の一つとなっています。

現在までに利用する事ができる全ての診断では、様々なメリットとデメリットがあります。

例えば、NGSは以前可能だった診断よりもはるかに多くの点で優れた診断を行う事ができます。

新興の異なる技術は複雑で、特にNGSの様な最新の診断を利用することは患者にとって最適な検査を依頼するために臨床医は、その診断について理解する必要があります。  

最終的にどの診断を選択するかは、患者とクリニック両方の要求を適合させるべきです。

上記の決定は患者とクリニック共に財政上の考慮、患者に検査結果を助言する能力、これらの診断は臨床結果へどの様な影響があるのか等、リスク許容度を組み入れなければならないという見解を示していました。

次世代シークエンス(NGSNext Generation Sequencing)は、デジタル式で検査が出来る次世代シーケンサーを使うことで、従前のアナログ式のアレイCGH法に比べて、診断の精度が向上した事で妊娠率のさらなる上昇、流産率のいっそうの低下が可能になっている様です。

着床前診断については様々なご意見や考え方がありますが、不妊症や習慣性流産でお悩みのご夫妻には、とても良い治療方法の一つだと考えております。

弊社のプログラムにおいては、着床前診断が盛り込まれておりますが、例えば、すでに凍結受精卵が保管されており、その受精卵はご夫妻の卵子及び精子で作った唯一の受精卵など、この様な場合は診断を行わない選択も可能です。

 

卵子提供及び代理出産をご検討の患者様は、どうぞお気軽にMONDO MEDICAL / モンドメディカルへお問い合わせ下さい。

私たちは、お客様ファーストで常に新しいサービスをご提供させていただきます。

出典:Brezina, P.R., Anchan, R. & Kearns, W.G. J Assist Reprod Genet (2016) 33: 823. doi:10.1007/s10815-016-0740-2

コメントを残す

サブコンテンツ

top