卵子ドナーについて

卵子ドナーとは

エッグドナー

卵子ドナーは、不妊に悩むご夫婦の”救世主”です。

なぜなら、ご夫妻が毎日不妊であることに苦悩し、心の底から待ち望んでいる“赤ちゃん”を授かるために、とても重要な役割を担っているからです。

生まれながら卵巣機能が不全している方、早期閉経により赤ちゃんを授かれない方、卵巣がんで卵巣を摘出された方などに、 卵子提供をしていただける、尊い卵子ドナーボランティアが希望の光を与えています。

 

様々な原因によって、赤ちゃんを授かることができないご夫婦が、現代の医療技術の進歩により、懇願していた我が子を授かることが可能になったのです。

それがドナー(第三者の)による卵子提供によって実現化され、世界中で赤ちゃんを授かることに絶望していた方々に、大いなる希望を与えているのです。

長年不妊に悩み、愛する我が子を授かることを諦めていたご夫婦に、再び、赤ちゃんを抱き、温かで幸せな家庭を築く希望を叶えさせる事が出来るのは、ドナーの皆様なのです。

心より、多くのご夫妻のご協力をお願い致します。

みなさまのお力をお貸しくださいませ。

卵子提供を行う上での安全対策

ドナーの皆様には、採卵後に体外受精を行うため、採卵のご協力をお願いしております。

体外受精とは、女性の卵巣から卵子を採取し、男性から採取した精子と体外で受精させ、受精卵を作り、その後、培養した受精卵(胚)を子宮内に戻し妊娠を試みます。

卵子提供を希望される不妊の方々は、残念ながら、ご自身の卵巣からの卵子採取を行うことが出来ない、又は、卵子のクオリティの問題で妊娠に至る事が出来ない方々です。

そのため、卵子ドナーの皆様に、卵子採取を受けて頂き、受精卵を作るための治療にご協力を頂きます。

卵子採取を行うまでには、ピルによる月経サイクルの調整をしていただきます。また、排卵を誘発する為に、ホルモン剤を投与致します。

卵子採取を行う際には、麻酔が施されるため、痛みはございません。

投薬による一時的な副作用、例えば、生理痛のような痛みが出たり等の症状を感じる方もいらっしゃいますが、長期的なリスクは無いと報告されています。

採卵までの治療は、専門医による綿密な診察を重ねた上で、投与する薬の話や、メディカル・リスクに関する詳細な説明が行われます。

卵子ドナーのプロセスは、万全の安全対策が講じられ、その上で行われています。

ドナーの皆様が、不安なく、安心してご協力を頂けるよう、MONDO MEDICAL / モンドメディカルの卵子ドナープロジェクトは、最善の対策が施されております。

サブコンテンツ

top