医学的な卵子凍結と、社会的な卵子凍結

12年前の卵子で出産!
30歳の女性が、高校時代にがん治療で生殖機能を失う前に卵子を凍結保存し、12年後に受精卵にして子宮に戻し、2014年8月に出産していたことが、昨年末に発表され、それに伴い「卵子凍結」、「卵活」といった言葉が改めて話題になりました。

コメントを残す

サブコンテンツ

top