不妊治療と多胎妊娠

アメリカでは体外受精を行い始めた頃、着床率が低かった事から、一度に多数の胚を移植していました。その結果、多胎妊娠の増加につながりました。
ASRMとSARTの指導により、1995年には全年齢で平均4個、最新の報告では35歳未満の女性は2個未満へ胚の移植数は劇的に減少しました。

 

出典:Society for Assisted Reproductive Technology and assisted reproductive technology in the United States: a 2016 update

コメントを残す

サブコンテンツ

top