アメリカでの代理出産

Dr.レーンよりアメリカの代理出産の概要についてビデオが届きましたので、是非ご覧ください。

(和訳)
アメリカでは、女性の子宮が妊娠に持ち応えられない場合があります。

このような状況では、子宮を提供してくれる第三者の女性にお願いする事になります。

このような関係は、代理妊娠と呼ばれています。

この際、依頼者ご夫婦、お子さんの母親と父親になるお二人は 第三者の代理妊娠を提供する女性に胚を移植する事を同意します。この女性は、妊娠をして赤ちゃんを出産する事になり、その赤ちゃんは依頼人ご夫婦のところへ引き取られます。

アメリカでは、代理妊娠は日常的に行われています。

代理妊娠の重要なポイントの1つとして、もちろん卵子と子宮は別々の人であるという事は言うまでもありません。そのため、もしその人が代理妊娠の女性として胚を宿しているとしても、その卵子は彼女達のものではないのです。

典型的な代理妊娠の女性は、過去に妊娠を経験した人達です。つまり、胚が上手く着床し赤ちゃんを無事に出産できたという折り紙付きの実績があるという事なのです。彼女達は健康で病歴も無い女性です。また、私達で彼女達に社会的問題が無いかどうかも確認します。お酒やタバコをやっている女性は求めておらず、妊娠期間中の全てのやりとりが、しっかりと理解されるように、それぞれが必ず精神障害のスクリーニングを受けられるようにしています。

代理出産というものは、依頼者ご夫婦と代理母との関係が、少なくても妊娠しいる10ヶ月の間は続きくものです。従って、代理母にどのような事を期待するのかを考えたり、確実にいい関係になるようにする事はとても重要なです。 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

top