父親の年齢と不妊との関係性について

子供を持つ夫婦、不妊症の夫婦、生殖補助技術(以下ART)により妊娠した夫婦の父親の年齢が与える影響について研究した記事をご紹介します。

子供を持つ夫婦、不妊症の夫婦、ARTによる不妊治療を行なった夫婦の出産時における母親と父親の年齢を比較し、父親の年齢に応じたART集団の中から結果として出産した特性を明らかにしています。

アメリカのマサチューセッツ州で20047月から200812月まで間に生まれた子の数は、生体記録で識別され、母方の状態と子供あり又は不妊、ART治療によって分類された。

ARTによる出生は、詳細な治療データを得るためにSARTSociety for Assisted Reproductive Technology)メンバークリニックの報告結果より、夫婦の年齢は、出生届からデータを入手されたいます。

母親と父親の年齢は、分類するため分散分析によって比較されています。

37週未満の早産、2,500グラム未満の低体重、SGA性低身長症のリスクは、調整したオッズ比95%信頼区間の父親年齢の分類によってロジスティック回帰を用いてモデル化。

この研究の母集団は、9,092件のARTにより妊娠した夫婦、6,238件の不妊症の夫婦、318,816件の子供を持つ夫婦となっています。

ARTと不妊症のグループの父親の年齢は、同じような傾向を示し、子供を持つグループとは、有意に異なっていた。

ARTと不妊症のグループの母親の年齢は、平均すると子供を持つグループより5-6歳年齢が高く、父親の年齢も平均すると4-5歳年齢が高く、37歳以上が2倍いたようですが、早産、低体重、SGA性低身長症のリスクは、父親の年齢が高くなるほど増加する事と結び付くものではありませんでした。

J Assist Reprod Genet (2014) 31: 1437. doi:10.1007/s10815-014-0327-8

コメントを残す

サブコンテンツ

top