子宮ガンの保存治療後、生殖補助医療を受ける患者の不妊治療の結果について

子宮ガンの保存治療後、生殖補助医療を受ける患者の不妊治療の結果に関する研究記事をご紹介します。

この研究は、子宮ガンの保存治療または子宮内膜異型増殖症の後、女性の不妊治療を受ける問題を解明する事を目的としており、21人の患者を対象に子宮ガンの保存治療後、生殖補助医療を行なったグループA42人の管理された女性グループBの臨床結果を遡及的に分析しました。

その結果、採卵数、受精の割合または二つのグループ間へ受精卵の移植数について有為な差は認められず、グループAの女性達は、グループBの女性達と比べて特に移植率は低く、薄い子宮内膜になっており、さらにグループA及びBの間に累積的な臨床妊娠及び出産率に有意な差は見られなかったとのことです。

グループAの患者は、出産を成し遂げるために多くの胚を必要としました。

この結果は、度重なるそうは(掻爬)を行なった後の薄い子宮内膜は、子宮ガンの保存治療または子宮内膜異型増殖症の治療を行なった後、患者は子宮内膜へ悪影響を与える事を示唆します。

臨床医は、現在の治療の手順を考え直し、標準の子宮内膜へのダメージを最小限にするために引き続き努力が必要であると結論づけられていました。

 

(出展)

Fujimoto, A., Ichinose, M., Harada, M. et al.J Assist Reprod Genet (2014) 31: 1189. doi:10.1007/s10815-014-0297-x

コメントを残す

サブコンテンツ

top