国内クリニックでの卵子提供受精卵の移植について

この度、私たちMONDO MEDICALでは、ご夫妻が海外で卵子提供されて精製した受精卵を国内へ輸送して、日本国内のクリニックで移植できるサービスを始める事にいたしました。

今回、このようなサービスを立ち上げた背景には、

 

  • 共働きのご夫妻が多く、長期休暇を取得することが難しい。
  • 介護が必要な両親がいて1週間も家を留守にする事ができない。
  • 小さな子供(第一子)を一緒に連れて海外で移植する事ができない。
  • 不妊治療は100%成功するものでは無いため、極力、経済的負担を軽減したい。

 

主に、これらのようなご意見を数多くの患者様から頂いたためです。

私たちは、このような現状を少しでも改善する事ができればと思い、日本国内のクリニックにおいて移植してくださる、信頼できるクリニックにたどり着く事ができました。

やはり国内で移植できるという事で、次の様なメリットございます。

 

  • 海外と比べて、移植費及び渡航・滞在費を安価に抑えることができます。
  • 長期休暇を取得する必要もなく、必要に応じてお子様と一緒にクリニックへ行くこともできます。
  • ご自身の治療について医師及び培養士へ直接、確認する事ができるため、安心して治療を進める事ができます。

 

最後に費用に関しては、

 

国内移管手続き費(7万円) + 輸送費用(輸送元によって異なる)

 

上記ほか、患者様が移植費(薬剤含む)及び交通費をご負担して頂くこととなります。

 

昨年末より、弊社の患者様に限り、このようなサービスをご提供しておりましたが、より多くの方にこのサービスをご利用して頂きたいと思い、新しいサービスとして始めることとしました。

現在までに弊社の患者様からのお申込みを多数頂いており、海外で一度、移植した患者様や最初から国内で移植した患者様共に無事に妊娠に至っております。

患者様の中には、これから初めて移植する方や海外で2回目の移植をご検討されている方など、様々なご事情を抱えているかと存じますが、本プログラムにご関心がある患者様は、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

 

私たちMONDO MEDICALは、お客様ファーストで常に新しいサービスをご提供させていただきます。

コメントを残す

サブコンテンツ

top