「MondoMedical」タグの記事一覧

ロシア・アジアでの代理出産プログラムのご案内

IMG_7471

私たちモンドメディカル / MONDO MEDICALは、現在まで数多くの患者様の卵子提供及び代理出産プログラムをサポートして参りましたが、患者様から下記のご要望を多く頂いております。   ○国内の凍結胚を海外・・・

国内クリニックでの卵子提供受精卵の移植について

mondo_logo

この度、私たちMONDO MEDICALでは、ご夫妻が海外で卵子提供されて精製した受精卵を国内へ輸送して、日本国内のクリニックで移植できるサービスを始める事にいたしました。 今回、このようなサービスを立ち上げた背景には、・・・

体外受精後、着床前遺伝子診断(PGS)を行うことで着床及び出産が改善する。

体外受精後、着床前遺伝子診断(PGS)を行うことで、40歳から43歳までの女性の着床及び出産が改善することについて研究した記事がありましたのでご紹介します。 体外受精は不妊治療で有効な治療法です。しかし、37歳以上の女性・・・

40歳代の女性へ1 – 3個の胚を移植した場合、多胎妊娠とその後の出生率について

アメリカ生殖医学会が発行する「生殖補助と遺伝学のジャーナル」の中に40歳代の女性へ1 – 3個の胚を移植した場合、多胎妊娠とその後の出生率について研究した記事がありましたのでご紹介させていただきます。 分析デ・・・

好評につき代理出産の個別相談会を年明けに開催!

11月に開催した弊社が提携するロシアのクリニック(Nova Clinic)の医師による個別相談会は、数多くのご夫妻がお越しになりましたが、中には日程が合わないために参加できないご夫妻のために2017年2月上旬に再度、相談・・・

凍結胚移植後の臨床妊娠率は6日目の胚盤胞よりも5日の方が高い!?

アメリカ生殖医学会が発行する「生殖補助と遺伝学のジャーナル」の中に”凍結胚移植後の臨床妊娠率は、6日目の胚盤胞よりも5日の方が高い”という記事がありましたのでご紹介させていただきます。   これは2012年1月から201・・・

レーン不妊治療機関 ダニエル・レーン医師について

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-14-15-45-44

MONDO MEDICALが提携するレーン不妊治療機関の医師をご紹介するビデオを皆さまへお届けします。ぜひご覧ください! (和訳)私は医師のダニエル・レーンです。レーン不妊治療機関を設立し、院長を務めています。専門は、生・・・

国境を超えた生殖ケアとは!?

image

国境を超えた生殖ケアとは、生殖医療サービスや治療を受けるために海外へ行くことを指し、ここのところ一般的になって来ています。 国際的な機関が無いために、正確な統計データはありませんが、毎年、何万もの患者が治療を受けるために・・・

今、病気ではありませんが、将来のために卵子を凍結することができますか!?

スクリーンショット 2016-08-18 16.25.53

アメリカ生殖医学会の発表では、女性は歳を重ねるごとに健康な赤ちゃんを授かることが難しいと言われています。それは女性は生まれた時に100〜200万個の卵子を持って生まれてきますが、その数は自然と減り、思春期には卵子の数が、・・・

ロシアでの代理出産プログラムのお知らせ

62bcb7a23c3b445872924ffe125dd9e9

私たちMONDO MEDICALは、カリフォルニアに加えてロシアでの代理出産プログラムを始めました。なぜロシアか?実はロシアでは、日本国内にあるご自身の凍結胚をロシアへ輸送して代理母へ移植する事ができます。これはカリフォ・・・

サブコンテンツ

top