PGSと妊娠成功率

Dr.レーンからPGSと妊娠成功率の関係について見解を得ましたので、是非ご覧下さい。

(和訳)
着床前遺伝子スクリーニング(PGS)は、生物学的な年齢が上がってきている女性の妊娠率を高めるため、現在利用できる技術です。

この技術によって、胚盤胞、5日または6日目の胚、から細胞を取り出し、検査機関へ送る事ができます。検査機関は、胚が正常な男性(46XY)か、正常な女性(46XX)、それとも正常ではない遺伝子構造なのかといった情報を提供してくれます。この技術を使い、どの胚を子宮腔に移植するかを決める事ができるのです。

更に重要なのは、胚が良い状態なのかを見れ、つまりディッシュにある胚を目で見て、尚且つ遺伝的に正常な胚であるかの両方を見れる事です。そして、これら2つの要因の組み合わせにより、高い妊娠成功率を達成しているのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

top