(3)凍結受精卵輸送

凍結受精卵(卵子・精子含む)の輸送サービス

MONDOMEDICAL モンドメディカルでは、凍結受精卵等の輸送サポートを行っております。

具体的には、国内・国外に保管している凍結受精卵等を転勤等に伴う不妊治療クリニックの引っ越し、海外での最先端治療(代理出産・着床前診断等)を行うためにクリニック間の移管手続き及び輸送のサポートを行なっています。

なお、海外の精子バンクより凍結精子を購入し、国内へ輸送する場合は別途、お問い合わせください。

安心・安全なハンドキャリーサービス

MONDOMEDICALでは、安全性の高いハンドキャリー輸送をオススメいたします。

ハンドキャリー輸送とは、液体窒素を十分に充填したドライシッパーという特殊な輸送用タンクを使い集荷から配達まで同一のスタッフが手運びする方法でとても安全性が高く、輸送物を紛失することはありません。

輸送スタッフは、IATA:International Air Transport Association(国際航空運送協会の輸送に関わる講習:危険物含む)を受けた専門的なスタッフです。

主要空港でのエックス線検査は、関係各所と事前調整することで全て回避することができますので、大事な凍結受精卵へ悪影響を与えることはございません。

IATA_ディプロマ
図 IATA Dangerous Goods Diploma

輸送専用容器  ドライシッパーとは

ドライシッパーは、内側の特殊な吸着剤に液体窒素を吸収させて気相状態で極低温(-150度以下)を約2週間保つことができる輸送容器です。

万が一、ドライシッパーが傾いても容器内の液体窒素が漏れる心配はありません。ドライシッパーはIATA Dangerous Goods Regulations 特別規定 A152により航空機内に持ち込むことが認められております。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1ee

図 ドライシッパー

IATA Dangerous Goods Regulations 特別規定 A152(一部引用)

包装基準202の要件に適合した多孔性物質に完全に吸収されている深冷液化窒素を含んだ断熱容器が容器の内部に圧力を蓄積しないように、また断熱容器の天地方向にかかわらず深冷液化窒素の漏洩を防ぐように設計されている場合、本規則の適用を受けない。

輸送費用について

輸送費用は、下記の情報をもとに個別にお見積りいたしますので、MONDOMEDICALへお問合せください。

 

  • 輸送物の数
  • 集荷元施設の名称及び所在地
  • 配達元施設の名称及び所在地

 

費用の目安としては、国内輸送5〜20万円、海外への輸送は20〜60万円となります。

 

※もし、現在保管している医療機関で保管期限が迫っており、輸送日が決まっている場合は合わせてお知らせください。

 

 

 

サブコンテンツ

top