(2)代理出産プログラム

代理出産について

代理出産は、子どもを望む女性がなんらかの理由で自らの子宮を使って妊娠・出産できない場合、ご主人と奥様(あるいは卵子ドナー)との胚(受精卵)を第三者の女性の子宮に移植し、出産を依頼することでお子様を授かることができる治療方法です。

代理出産,代理母,MONDOMEDICAL図 代理出産プログラムイメージ

また妊娠・出産の過程は代理母がしますが、赤ちゃんはご夫婦の遺伝子を 100%受け継ぐ事となり、妊娠中に代理母の遺伝子の影響受けることはありません。

 しかし、残念ながら現在の日本では「出産した女性」が戸籍上の母親と認定されるため、赤ちゃんは養子縁組などの手続きが必要となる場合があります。こうした法律上の問題についても、私たちがサポートさせていただきますのでご相談ください。

MONDOMEDICALでは、次の境遇のお客様へ代理出産プログラムをご案内することができます。

  • 同性婚
  • 独身女性・男性

 

詳しいお話をご希望のお客様は、お問合せからご相談ください。 

代理出産プログラムの流れ

1. お客様とのカウンセリング:東京・大阪オフィス・出張カウンセリング

2. 契約書の締結(お客様と弊社)

3. 海外医療機関(ロシア、アメリカ、アジア)への渡航準備

4. 海外医療機関にてカウンセリング及び契約書の締結(お客様と医療機関)

5. 凍結受精卵の国際輸送

6. 代理母の選定及び決定

7. 代理母の移植準備・胚移植

8. 代理母の妊娠確認

9. 代理母の出産

10. 各種手続き(出生証明書の申請、パスポート取得など)

11. お子様と一緒にご帰国

代理出産プログラムの費用

下記に示す費用は、国内外に凍結保管している受精卵を国際輸送して代理母へ融解胚移植する場合の費用です。

 

プログラムの費用:850万円〜 

 

  • ロシアの代理出産プログラムには、3回まで代理母へ移植できる費用が含まれています。
  • 費用は、①弊社との契約後、②代理母が妊娠し、胎児の心臓鼓動検知後、③代理母の妊娠第 18 週目の3回に分けてお支払いただきます。
  • プログラムの途中で解約された場合は、一部の費用を返金致します。

 

費用の内訳について

  • クリニックでの治療費(薬剤費含む)一式
  • 代理母コーディネート一式
  • 凍結胚輸送費
  • エージェント費用(プログラムのコーディネート、通訳、医療機関〜ホテル間の送迎等) 

 

プログラムに含まれない費用

  • お客様の渡航費及び滞在費
  • お客様の日本国内での診察及び検査、受精卵の作成費用、現地での交通費など

  

提携クリニックの医師の見解   by Dr. ダニエレ・レーン

アメリカでの代理出産について

 

アメリカでは、女性の子宮が妊娠に持ち応えられない場合があります。このような状況では、子宮を提供してくれる第三者の女性にお願いする事になります。このような関係は、代理妊娠と呼ばれています。アメリカでは、代理妊娠は日常的に行われています。代理妊娠の重要なポイントの1つとして、もちろん卵子と子宮は別々の人であるという事は言うまでもありません。

 

ご注意

  • 診療報酬や薬剤価格が改定された場合、料金が追加・変更されることがあります。
  • 為替レートによって費用が変更されることがあります。(2019年1月4日現在の費用)
サブコンテンツ

top