ロシア・アジアでの代理出産プログラムのご案内

ロシア・アジアでの代理出産プログラムのご案内

 

私たちMONDOMEDICAL モンドメディカルは、現在まで数多くの患者様の卵子提供及び代理出産プログラムをサポートして参りましたが、患者様から下記のご要望を多く頂いております。

 

  • 国内に凍結保管している受精卵を海外へ輸送して代理母に移植することができないか。
  • 夫婦共働きのため、長期休暇を取ることや、キャリアを重視したいため、代理母の方に代わりに妊娠・出産して欲しい。
  • 上記に関連し、海外クリニックとの契約締結のために日程を調整することが難しいため、渡航しないでプログラムを進めることができないか。

 

このようなご要望にお応えすべく、国内外のクリニックと共同で下記の3つのプランをご提供することができるようになりました。

 

  • ご夫婦の卵子・精子から国内で受精卵を作成し、ロシアまたはアジアへ輸送して代理母へ移植する。
  • 国内クリニックにある凍結胚をロシアまたはアジアへ輸送して代理母へ移植する。
  • ご主人様の精子を国内で採精・凍結し、ロシアまたはアジアへ輸送して卵子ドナーから採卵後、受精卵を作り、代理母へ移植する。

 

しかし、現在までの治療歴によっては、代理出産を行うことができる国が異なります。

詳しい資料を準備しておりますので、お問合せ頂ければ、詳しくご説明いたします。

 

代理出産に関しては、国の法律で認められている”ロシア”を推奨させて頂いております。

 

その理由としては、

 

  • アメリカと治療費を比べると概ね半額
  • 日本国内に凍結保存された受精卵をロシアへ輸送し、代理母への移植が可能
  • 代理出産プログラムには、3回まで代理母へ移植できる費用が含まれている
  • 医療設備や施設規模は日本の基幹病院並み

 

が挙げられます。

 

MONDOMEDICALモンドメディカルは、お客様が今までの生活スタイルを維持しつつ、安心して海外の生殖補助医療を受けられる事を常に考え、新しいメディカルツーリズムをご提供させて頂きます。

 

詳しくはメール又はお電話にてお気軽にお問い合わせ下さい。

株式会社MONDOMEDICAL

代表取締役 小笠原 芳樹

サブコンテンツ

top